ブログ : 奈良県生駒市で住宅リフォーム、新築、増改築のことなら株式会社建築工房中井

ブログ

桜井市鉄骨ガレージ新築工事20170830

DSC_0144.JPG DSC_0146.JPG DSC_0148.JPG DSC_0150.JPG DSC_0153.JPG

6月より工事しております、鉄骨ガレージ新築工事もいよいよ最終の工程に入っております。
盆明けより、整地転圧→防湿シート→伸縮目地施工→鉄骨側溝施工→鉄筋組→コンクリート打設と進めてまいりました。
後は、養生期間を取って最後の仕上げです。
暑い中、頑張ってくれている協力業者さんに感謝です。

奈良市 tomio-cafe 新築工事 20170817


tomio-cafeの仮称で掲載させていただいておりましたが、

オープンの日も9月下旬に決まりましたので、

店舗名を公開させていただきます。

お店の名前は「slope」です。








解放感のある大開口のお店入口から入り込む陽の光がとても明るい店内。

テーブルや椅子がないのでシンプルすぎる空間になってますが、

これから設置することでまた違った顔を見せていくことになると思います。







つづく




桜井市鉄骨ガレージ新築工事20170804

DSC_0041.JPG DSC_0044.JPG DSC_0040.JPG DSC_0042.JPG DSC_0046.JPG

6月より着工しております、鉄骨ガレージ新築工事も、いよいよ外装工事がスタートしました。

梅雨を越え、今度は、大型台風です。

暑い中、板金工事業者さん、シャッター工事業者さん総出で急ピッチで進めてくれています。
おかげさまで、何とか明日で完了のメドがたちました。

職人さんたちの頑張りに感謝、感謝です。

奈良市 tomio-cafe 新築工事 20170801

毎日暑い日が続いております。

皆様熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

さて、奈良市で施工中のカフェの様子をご報告致します。

まず、前回の続きです。

ルーフィングを張った後、ガルバリウムの縦平葺き

内部はというと。。。

窓サッシを設置し、

左官職人さんによる土間工事。



こうなって、


乾かすと、

このように美しく仕上がりました。
土間が出来上がると、外壁を張っていきます。



外壁は板を一枚一枚張り重ねていく鎧張りです。

この仕事は大工さんです。

この鎧張りはじっさいに見ていただきたいくらいカッコいいです!

外観は仕上がった後でまた語らせていただきます。

 またまた内部に戻ります。

石膏ボードを張り終わると、塗装の下地処理のパテ塗り、

そして、オリジナル家具の製作!

難しいと言いながらサクッと作ってしまう大工さん。

いつも難しい注文に答えていただきまして有難うございます。


今日はここまでです。

次は全体が仕上がった後で更新致します。

カフェのオープンの日時もその時ご報告させていただけたらと思ってます。

桜井市鉄骨ガレージ新築工場20170718

1500384838996.jpg 1500384852354.jpg 1500384882754.jpg 1500384936293.jpg 1500384950143.jpg

<鉄骨工事編>
6月よりスタートしております鉄骨の新築工事ですが、基礎の養生期間も終わり、本日建て方をさせていただきました。
これからは、弊社協力業者さんたちが入れ替わりで工事に来てくれます。
しっかりと施工を進めてまいります。

桜井市鉄骨ガレージ新築工事20170710

1499690905104.jpg 1499690938381.jpg 1499690954942.jpg 1499690978289.jpg 1499691022610.jpg

<基礎工事編>
6月初旬より着工した車修理工場の新築工事の本日基礎工事が完了しました。

現在は土止めのブロックの施工中ですが、基礎工事の様子をご説明させていただきます。

木造とは違い鉄骨は、主柱部分に荷重がかかるため、柱脚部分を中心に地中深く掘り下げ、剛性を高めるために地中梁を通して布基礎を造っていきます。
梅雨の期間でしたが、雨は少なく工程通り進みました。
今週を含め、2週間以上養生期間をとり、いよいよ来週は鉄骨工事です。

桜井市鉄骨ガレージ新築工事20170627

1498566731559.jpg 1498566754661.jpg 1498566782534.jpg 1498566813102.jpg

<地盤改良編>
6月初旬より、車修理工場の新築工事を着工しました。
現在、基礎工事中ですが、今回は地盤改良の様子をご紹介します。
地盤調査を行い、調査データの解析をし、施工法や杭長・本数を決定します。
重量鉄骨の建物の場合、荷重が大きいため、セメントミルクの柱状改良が一般的になります。
荷重ポイントがはっきりしているので4角の柱型を中心に太めの口径で施工していきます。
しっかりとした土台を作り、その上に基礎をのせていきます。

専門誌「建匠」に掲載中


先週発売された住宅や店舗の実例が掲載された建築専門誌「建匠」に

弊社施工例が掲載されてます。

閲覧できるように事務所にも置いてますので、

立ち寄られた方は是非ご一読ください。

2017.06匠友会

今年も無事協力業者様との交流会を開催することができました。

改めて、こんなにたくさんの方々と関わりながら

お仕事させてもらえてるんだなと実感しました。

また、お客様からのご紹介でお仕事をいただけるのも、

支えていただいている協力業者さん達の力が大きいです。

そういった方々への感謝を忘れずこれからも邁進致します。